初心者必須!注文住宅のよさ

注文住宅とはどのような家!?

夢のマイホームを建てようと考えている人もいるでしょう。そのような時に「注文住宅」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
注文住宅とは、自分達の希望の間取りなどを自由にお願いして建ててもらう家のことを言います。それぞれの家庭によって家族構成や生活スタイル、将来設計などは違ってきます。それらに合わせて好きなように家のつくりを設計することができるのです。こだわりや気になるところを自由にできるので、今とても人気の住宅の建て方となっています。
注文住宅を建てたいと思った時には業者さん選びがとても重要となってきます。自分達の話しをきちんと聞いてくれて、その上で専門家としてアドバイスをしてくれるところをみつけることが大切です。

すべてが自由にできるわけではありません

注文住宅を建てようと思った時に、すべてが希望どおりにいくわけではないのです。それは、家を建てるにあたって、守らなければいけない法律や規則、ルールなどがあるからです。また、電気系統や水道系統などの問題でどうしても実現しない間取りなどもあります。さらにはカビが生えてしまいやすかったり、日当たりなどの関係で避けた方が良い間取りなどもあります。
これらのことはなかなか素人では分からないものです。そこで、しっかりと業者さんと相談しながら家づくりをしていくことが大切となります。自分達が長く住んでいくことになる家です。自分達が安心して託すことができる専門家と一緒に話しあいながら共に家づくりをしてくことが重要です。

新築一戸建てならではのメリットは、10年間もの瑕疵担保責任を建築した業者に負わせられることです。つまり後になってから何らかの問題が生じた際は、その費用を業者に転嫁させられます。