知りたいでしょう?住宅業者の選び方

住宅業者の経営状態をチェックしよう!

良い家を建てるためには、住宅業者の経営状態はポイントの一つです。あまり注意されない傾向がありますが、住宅業者の経営状態によって、建てる住宅の品質が決まるのです。また、住宅業者が倒産してしまうと、自宅を建ててからなにかトラブルが起きた時に、対応してもらえなくなってしまいます。
確認するためには、家を建てる地域の市役所へ出向き、住宅業者の建設業許可書類決算書というものを見せてもらうと良いです。財務内容をチェックし、問題ない業者かどうかを見極めましよう。また、実際に住宅業者の会社に直接訪れて、会社の内装や建物の状態など、見た目を見るだけでもしっかりとした会社か、財務状況は良いかなどを見極めることができます。

営業マンは優秀な人?

住宅業者の選び方として、実際に何度も話し合いを重ねる営業マンにも注意が必要です。コミュニケーションが取りやすく、自分たちの意見をよく取り入れ考えてくれるような営業マンでなければ、良い家は建てられないと言えます。
初対面の印象だけで良い営業マンかを決めてしまうのは避けましょう。なぜなら初対面だけ誠実そうに見え、実際に契約が決まると態度が一変するような人も中に入るからです。営業マンの言動に注意することが大切です。本当に優秀な営業マンの場合は、自分の会社で契約をしてもらうために、他社を貶めるような発言はしません。また、自社のデメリットを全く話さなかったり、説明が足りないような営業マンも優秀だとはいえません。詳しい話をしてくれる上に、質問に対して親身に答えてくれるような営業マンが居る住宅業者を選びましょう。